これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

北風に負けない子ども達!

先週水曜日に、

小さなオルタナティブな小学校

そらのね学園の3学期がスタートしました。

3学期っていう言い方もどうなんだと思うけど、

わかりやすいほうがいいかなとも思い、

3学期です。

 

f:id:micata-artproject:20190115161807j:image

この日は、メチャクチャ風もあって

寒〜い日でした。

天気は良かったですけど。

 

年明け1回目のそらのね学園! - そらのね学園*オルタナティブな小学校

 

よかったらご覧ください。

 

今週末に開催される

「子育て航海術」も満員御礼、

キャンセル待ちをされてる方もいらっしゃる程です。

 

中学生から大学生、

お父さんも参加してくださり、

様々な年代の対話の時間。

どんな事が起こるのか、

とてもワクワクします。

f:id:micata-artproject:20190115163048j:image

伝えたかったなぁ

ちょっと時間が過ぎてしまいましたが、

今年の箱根マラソン

東海大学が優勝でしたね。

 

私は実家が神奈川で、

さらに母親の実家は平塚にある

お寺になります。

平塚は、東海大学湘南キャンパスがあるんです。

 

で、ここからは少し?昔の話になります。

 

1960年代に東海大学湘南キャンパスが建てられたのですが、

山を切り開いて建てられ、

当時は周りには学生さんが住むような集合住宅もなく、

大学側はご近所の広いお家の農家などに声をかけ、学生さんの住まう場所の提供をお願いしていました。

 

祖父の寺院は、大学からはバスで20分くらいかかるのですが、

やはり大学から声がかかりました。

 

それはおそらく祖父の寺院は、

明治時代の学制発布の時に、

広川学校温知館小学校として選ばれていたことなどが関係しているのかな、とも思います。

f:id:micata-artproject:20190106220640j:image

f:id:micata-artproject:20190106220705j:image

 

お寺の使っていないお部屋を

2人くらいの学生さん達にお貸ししていました。

食事も一緒なので、もう家族の一員ですよね。

私が小さい頃も遊んでもらった覚えかあります。

かなり昔に、お貸しするのはやめてしまったのですが、

祖母が学生さん達を可愛がり、

卒業されたあとも交流があったりしました。

 

おばあちゃんが生きてたら、

東海大学の優勝をすごく喜んだだろうなぁと思うのです。

一昨年亡くなったので、

先日お墓まいりをした時に伝えました。

テレビの前で喜ぶ姿が、なんだか浮かんできました。

 

寒いけどアイス好き〜

今年のお正月、関東では良い天気が続いています。

とはいえ、冬なので外へ出ると寒いでふ。

今日は、浦和にある調神社に行ってまいりました。

 

帰り道、コンビニで最近ハマってるアイスを探しましたが見つからず…。

ハマってるのはこちら

f:id:micata-artproject:20190102215811j:image

ロッテのザッハトルテのアイス〜💕

200円でお釣りが来る値段。つい、2個買っちゃいます。

でも、今日は見当たらず、

似たような感じのこちら

f:id:micata-artproject:20190102220200j:image

meijiのスーパーカップ ショコラオランジュ

間にオレンジソースが入ってる写真はとても似ています!

 

でも〜。食べてみると、、、

違う〜!

そりゃ、メーカー違うんだから違うよね。同じモノを求めた私が間違っておりました。

価格は、こちらは200円を超えております。ま、量は多いと思いますが、

食感が違うので。

 

ザッハトルテアイスを、また探し彷徨いたいと思います。

 

 

 

子育て航海術へお申込みがあり

あと1、2名で締め切りとさせていただきます。ありがとうございます。

 

新しい年の新たなる決意!

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

f:id:micata-artproject:20190101212534j:image

 

昨年、目標達成のためのマンダラチャートのことを書きました。

 

一年の計は元日にあり - これ なぁんだ⁈

 

2017年から始めたので、今年で3年目。

 

f:id:micata-artproject:20190101213450j:image

年末に2018年の振り返りもしましたが、

改めてこのノートを確認してみました。

目標としたことのほとんどが叶っていました。

というか、学び舎創りは、話し合いを重ねる、という目標が書かれており、

昨年の年明け時点では、

学び舎の資金作りの年になるはずでした。

 

でも、その計画だけがかなわず、

というより、そこは一足飛びに、

願いが叶い、そらのね学園はスタート!

 

資金のことなんて、気にしなくてよい、

待っている人がいるのだから、スタートした方がよい、

ということだったのでしょうか?

あるいは、資金作りのために始めようとしていた塾を開いていたら、

そちらの経営にあたふたしてしまい、本末転倒になっていたと思います。

やらなくて大正解、

必要ないことはやらずに本当の願いが叶いました。

 

あらゆること、全てに感謝しております。

 

そして、今年もマンダラチャートで目標を立てた元日となりました。

 

どんな一年になるのでしょう。

昨年、秋から取り組んでいる、

「わもん」により、

今年は自力ど真剣を貫いていきたいと思います。

 

 

探究ジェネレーター入門講座〜今年の振り返り

今年の振り返りの中で、

オルタナティブな学び場、

『そらのね学園』を作ったことの次に

大きかったのが

探究ジェネレーター入門講座でした。

探究ジェネレーター入門講座、最終回! - これ なぁんだ⁈

 

ジェネレーター入門講座を受講して、

その後のことなど、

こちらに書きました。

2018年の振り返り その2 - そらのね学園*オルタナティブな小学校

 

来年1月20日におこなう

”主体的で対話的で深い学び”につながる「子育て航海術」

もまだまだ参加者募集中です。

 

 

 

 

edcampさいたま!

今年2018年の振り返りをしています。

 

なかなかブログには書かなかったのですが、

edcampさいたまのことはあげておかなければ!と思います。

 

edcampってなぁに?

私がedcampを知ったのは、

学芸大学で行われる、との告知が

Facebookで流れてきたことからです。

 

edcampは、教育に関心のある人なら

教師に関わらず

子育て中の保護者でもok

もちろん子どもでもok

一般の会社員の方でもok

塾や子ども関係の企業の方でもok

(宣伝の類はできません)

 

そして、誰かの話を聞く、ではなく、

みんなが今自分が考えている教育のこと、

または問題と思う教育のことなどを

みんなが同等の立場で、

批判批評することなく聞き合う場です。

 

学芸大学のedcampは参加できなかったのですが、

その時立ち上げメンバーのお一人を招いた

プチedcampに参加して面白くて、

あれ?なんで埼玉はないの???

と思ったのでした。

 

そして、さといくeduコンパスが企画した

学びカフェに参加してくださった

埼玉大学生さんに、埼玉でもやりましょうよ!と呼びかけて、

10月27日土に行われました。

f:id:micata-artproject:20181226131136j:image

f:id:micata-artproject:20181226130919p:image

様々な方々が集まり、

さいたま市のあいぱれっとの職員さんや

edcampつながりで、横須賀や都内から来てくださった方々、

大学生さん、

保護者の方々、

みなさんで様々なテーマごとにグループに分かれて、話し合いました。

そのテーマも当日みんなが出し合うもの。

自由に話せる場、

話を聞いてもらえる場、

時には参考になるアドバイスももらえたり、

とても楽しい時間でした。

f:id:micata-artproject:20181226132046j:image

 

カタンはスタッフとして午前中から最後までいましたが、

あっという間の一日でした。

 

 

来年、2月2日(土)

edcampさいたま 第2回が行われます。

場所は埼玉大学ですが、企画はさいだい交流広場です。

f:id:micata-artproject:20181226132333j:image

午前〜午後までありますが、

どの時間に来て、どの時間で帰っても大丈夫です。

Facebookもご覧ください。

edcamp さいたま #2

 

 

さいたま市の小学生向け療育支援は???

さいたま市の発達障がい療育支援施設では、

小学生向けには使えない、という現状があったこと、

私、知りませんでした。

 

別のブログで、友人が書いたものを

取り上げましたので、ご興味ある方、

ご覧ください。

さいたま市の発達障がいの小学生向け療育等の支援について - そらのね学園*オルタナティブな小学校

 

f:id:micata-artproject:20181226093230j:image