これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

問いのデザイン

今日は西武線に乗って、

入間市で行われた講座に参加してきました!

滋賀県よりNPO法人D.Live代表の田中洋輔さんをお呼びして、講演会と講座が開催されました〜。

 

不登校のための講演会・講座

 

NPO D.Liveとは?

f:id:micata-artproject:20180818220532j:image

D.Liveとは?

代表の田中洋輔さんは、ご自身も中学生の時に不登校を体験し、現在は不登校の子ども達の支援を行っていらっしゃいます。

NPO法人 D.Live – 子どもに自信を

滋賀県で、子どもと子どもに関わる大人達のために、活動されています。

D.Liveのミッション(使命)は、

「子どもがなりたい自分に向かって思いきり取り組める社会をつくる」。

 

週2回、夕方からの、勉強について一緒に向き合う(やらせる勉強ではない)TRY部と、週3回不登校の子ども達のための昼TRY部などが開かれたり、

大人向けには、保護者だけでなく、教育関係者も参加する田中さんの講演会などを行なっています。

 

問いのデザイン

私が参加したのは、午後からの

問いのデザイン 「質問の仕方を学ぼう!」

という講座でした。

問いたてが大切ということはわかってはいるけれど、なかなかパっとは浮かばない。どうしたらいいのか、を知りたくて。

 

でも、子ども達の心開ける会話を日常的に行っている田中さんでも、

大切な問いを考えるのに、2ヶ月もかける!とのこと。

微妙な言い回しの違い、その場で子ども達の心に残る問いとは?と、考えて考えぬき、出てくる問い。

 

親は、子どもの行動に、

なぜそんな事をするの?と、

すぐ聞きたくなってしまう。

でも不用意な問いや、怒りの感情が込められた問いに対して、

子ども達は心開きません。

質問が尋問になってしまっていることもあります。

 

お互いの関係性を築き、その上でできる問い。

 

そして、私が「あ〜、そうかぁ」と思ったのが、

問いかけるタイミング!

こちらが聞きたい時に聞いてしまうから、相手は答えたくない状態の事が多い!

答えが返ってこないのは、答えたくないからじゃなく、タイミングが悪いこともある。または、考えているのに、それを待つ事が出来ずに、勝手に答えたくないんだと勘違いして諦めてしまうことも。

あ〜、あるある!でした。

 

もう、ここには書ききれないほど、

様々なこと、

具体的な質問の仕方なども

教えていただきました。

お話も面白く、関西弁が心地よく、

もっと田中さんのお話をお聞きしたかったです。

明日は群馬で講演会とのことで、

終了後は、あまりお話も出来ずお別れになってしまい残念でした。

 

f:id:micata-artproject:20180818231205j:image

ぜひ今日の事を参考に問いたてをして、

私の周りの子ども達とも、

対話を深めていきたいです。

 

カードで問いたてを行う

 さといくeduコンパスでは、

22日に、新たな学び場の体験会を行います。

今回の事を参考に、問いたてできるかな〜。

「クリエイティブな本の読み方」

「アートで算数」を行います。

クリエイティブな本の読み方は、カードを使って問いを立てていくというか、

思った事をワイワイ語り合います。

 

詳しくは7月のブログ↓をご覧ください。

あまり多数では行えませんが、

あと少しお席があります。

学生さんもお手伝いに来てくださいます。

体験会*東大宮オルタナティブな学び場 - これ なぁんだ⁈

 

 小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村

オルタナティブ教育(フリースクール, サポート校, ホームスクール) 人気ブログランキング IN順 - 教育ブログ村

 

日常体験を数学的に考える

 こんにちは。

お盆休み真っ最中のミカタン

こんな本を読んでみました、

本と言ってもマンガですが。

 f:id:micata-artproject:20180814154121j:image

三原和人さんの『はじめアルゴリズム』というモーニングに連載されていたコミックです。 

 

老数学者・内田豊が、島に住む小5の関口ハジメと出会う。ハジメは、独自の式や考え方で、世界を表現していた。

ハジメの数学的才能を見いだした内田は、ハジメを導く小さな灯火となることに、残りの生涯をかけることを決意。

家族に会い、ハジメを島から自分の住む京都へ連れ出し、数学を本格的に教えたいと掛け合う。もっと世界を知りたい、それが楽しいと感じるハジメは内田の元へ!

 

というのが1巻のあらすじ。

ハジメと内田の出会う場面は感動的だけど、

解説のないハジメ独自の数式が面白そうとか、学校でなかなか決まらない委員決めの時間のハジメの解決策が良かったり。

そして、島を離れることになった時の母親の回想シーンは気になる部分がいろいろと。単なるしんみりするだけでなく、数学的概念がさりげなく描かれている。

養鶏場へ行き、鶏と卵が1対1の対応になってることに気づく。

マンガでは、こんな場面になってるけど、こんな風に算数の概念を養鶏場へ行って、日常の体験に置き換えようと思ってもなかなかできないよね?

何か身近なもので置き換えられないかなと思って考えたのが、

ちょうどプラムがあったので、プラムの実とその種はどうかな?と。

f:id:micata-artproject:20180814160227j:image 

 でも、対応させる時、すでに実のほうは食べちゃって存在しないから写真でしか対応できない。ダメじゃん。

あ、アボカドなら、種だけ取り出しやすいかな?

他には、食事の時のお茶碗とそれぞれの家族とか?でも、他の食器もあって、対応する時混乱が生じる。

教科書とかだと、この帽子は誰の帽子と結びつけるとか、リスとどんぐりとか。でも、リスとどんぐりの場合、リスはどんぐりをもっといっぱい欲しがるかも、と余計な考えにいってしまいそう。

 

1対1の前に大切なのは、

そもそも分類ができるか、ということ。

鶏という生き物と、卵という産物は別のものという区別ができるから対応させることができる。

こんなことは、あまりいちいち考えないで日常的に行っていることだけど、

もっと複雑な日常体験を数学的にとらえていくと、面白そうだなぁと、この本を読んで思いました。

 

少し話がずれますが、

ホームスクーラーの方が、市販の計算問題集をやって、算数に取り組んでいるとするのは、勿体無いなぁと以前から気になっていました。

じっくり取り組む時間があるのだから、

こんなふうに日常体験を数学的に置き換えてみることをしてみたら、もっと算数を深めていけるのかも。

 

ところでこんな講座があるようです。

が、すでに満員御礼でした。

 f:id:micata-artproject:20180814160258j:image

小学1年生から始める微分積分入門

 先日から読んでた『面白くて眠れなくなる数学』の著者、

桜井進さんの講座のようですね。

 

微分積分を小学1年生からどのように考えていくのかな〜と気になるところ。

 微分積分をわかりやすく教えているのは、こちらの入門編1にあるページの動画。

小学生でもわかる微分積分-積分入門編1【かんたん数学講座】 - NAVER まとめ

小学生でもわかる微分積分-積分入門編2【かんたん数学講座】 - NAVER まとめ

小学生でもわかる微分積分-積分入門編3【かんたん数学講座】 - NAVER まとめ

これでもまだ全部を教えているとは思えないけど、入り口はこんなところからなのかな。

 

小学1年生で微分積分が必要なのかはわからないけど、

掛け算や割り算は、知ってると物を数えるのに早くできたり、仲良く分けることができたりと、便利かもね。

あくまでも生活が豊かになるための算数の先取り。

テストの点数を上げるためのものではないこと、計算ができたら偉い、とかではなく、便利だねってことで、伝えていきたい。

 

桜井氏の講座には、こんなものも。

「あなたの知らない世界 未解決問題」

あなたの知らない世界 未解決問題

こちらはまだお席に余裕がありそうですね。

 

さらに、私達の体験会も、よかったら遊びに来てください。

新しい本の楽しみ方 - これ なぁんだ⁈tanq.hatenablog.com

 

小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村

オルタナティブ教育(フリースクール, サポート校, ホームスクール) 人気ブログランキング IN順 - 教育ブログ村

 

MI理論を基に新たな学び場

昨日は、秋から開校する新しい学び場

「そらのね学園」のカリキュラムについて打合せを行いました。

 

そらのね学園は、既存の学校とは違う方法で学びを行うオルタナティブスクールです。

週1回、毎週水曜日に開かれます。

私達は、探究学習を中心に、その中に教科横断的な学習を行なったり、

日本の季節の移り変わりに応じた、先人の智慧を体験したりしながら、

この先、何があっても揺るがないよう、小学生時代に自分軸をもって過ごして欲しいと願っています。

 

そんな子ども達が取り組むカリキュラムは、

東京コミュニティスクールのテーマ学習を参考にしたり、

GEMSのMI理論を基に、子どもの得意分野から発展していくような学習方法を考えています。

 

東京コミュニティスクールのHP

tokyocs.org

ジャパンGEMSセンターのHP

ジャパンGEMSセンター

 

大まかな年間のスケジュールを立ててみました。

私達のほうが、ワクワクしてしまいます。

 

春から行ってきたお試し版に通っていたお子さんは、

学校からそらのね学園に通っている日は、登校日数に数えていただけるご了承を得ることができました。

 

そんなスクールの体験会、

8月22日(水)10時〜15時

東大宮コミュニティセンターで行いますので、ご興味ある方は、お越しください。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

tanq.hatenablog.com

f:id:micata-artproject:20180811155824j:image

これらの本を参考に何かできないかな?

 

さといくeduコンパスは、子ども達がこれから生きるための指針(コンパス)を見つけるために、母親達が立ち上げたコミュニティです。

小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村

オルタナティブ教育(フリースクール, サポート校, ホームスクール) 人気ブログランキング IN順 - 教育ブログ村

 

新しい本の楽しみ方

夏休みも、あと20日くらいなのでしょうか?

そろそろ大人の夏休みも始まる方もいらっしゃいますよね〜。

旅行のお供に本を持って行かれることもあるのでは?

または、じっくり読みたかった本に取り組んでみたり。

今日は、新しい本の楽しみ方について。

 

* 創造的読書

さといくeduコンパスでは、

8月22日(水)に創造的読書のためのパターン・ランゲージのカードを使って、

読書の楽しみ方を探りたいと思います。

 

この日は、新しいオルタナティブスクールの体験会でもあるのですが、

スクール抜きで、こんな学び方もあるんだなぁと、参加していただく方も大歓迎です。

 

パターン・ランゲージについては、当日お伝えしますが、

これについて日本では、慶應義塾大学の井庭崇先生が研究されていて、これまで様々な分野のパターンランゲージのカードを開発されてきました。

http://creativeshift.co.jp

creativeshift.co.jp

ラーニング・パターン、プレゼンテーション・パターン、コラボレーション・パターン、旅のことば、プロジェクトデザイン・パターン、アクティブラーニング・パターン、未来の自分をつくる場所・進路を考えるためのパターン、サバイバル・ランゲージ、対話のためのたパターンなどなど。まだまだ開発されているようです。

今回はこの中から、読書のためのパターンを使って、創造的な読書をするためのヒントが書かれたカードをもとに、みんなでワイワイ語り合う場を楽しむ、というようなイメージです。

 

 

 子どもも語るよ

カードは全部で27枚あるのですが、

今回は小学生の子ども達と保護者の方にご参加いただくので、全部は使わず、小学生でもわかりやすいカードを選ぶことにしました。

 

そんな打合せを小学生も交えて、昨日行いました。

使うカードも決まったよ〜。

f:id:micata-artproject:20180810092920j:image

このカードにはかわいいイラストが描いてあるのですが、それも井庭先生が描かれたそうです。

 

気になった方は、是非ご参加ください。

さといくeduコンパスは、子ども達がこれから生きるための指針(コンパス)を見つけるために、母親達が立ち上げたコミュニティです。

 

オルタナティブスクール体験会

【日時】8月22日・水曜日

1コマ目:10:00〜12:00

クリエイティブな本の読み方

2コマ目:13:00〜15:00

アートを使った算数

1日体験される場合は昼食タイム(お弁当ご持参ください):12:10〜12:50

学び場へ通うためのセッション:15:15〜

お一人15分ずつ

 
【場所】東大宮コミュニティセンター

JR東大宮駅西口徒歩5分

 
【対象】

1コマ目:目安として3〜6年生ですが、何年生でもokです。親子参加ok。

2コマ目:目安として1〜3年生。親子参加ok。

 
【参加費】

1コマ目:1000円(親子参加は1500円)

2コマ目:1000円(親子参加は1500円)

セッション:500円

  

【持ち物】午前は特になしですが、みんなに勧めたい本があればご持参ください。

午後は色鉛筆、ハサミ。

暑さ対策の飲み物。

両方参加される場合は、昼食をご準備ください。

 
【お申込み・お問合せ】

satoiku.educompass☆gmail.com

(☆→@に変えてご連絡ください)

お申込みは、件名に「体験会申込み」と明記して、①お子様の氏名 ②学年 ③希望する体験(1コマ目で親子参加の場合は、保護者氏名) ④緊急連絡先

以上をご記入いただき、メールにてお申込みください。

 

詳細はこちら

tanq.hatenablog.com

 

こちらもご覧ください。

夏の体験会・オルタナティブスクール

 

 

小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村

オルタナティブ教育(フリースクール, サポート校, ホームスクール) 人気ブログランキング IN順 - 教育ブログ村

 

不思議の中に自由研究の種がある!

先日の子ども探究ワークショップでは

「不思議」をテーマに、思いつくものを

どんどんあげていきましたが、

自分が不思議だなぁと思うことから、

自由研究のテーマは見つかりやすいですよね。

 

どうして?って思うことを深めていって、

こんな自由研究にまとめたお子さんがいました。

 

www.facebook.com

 

 

* 不思議に思った事を探っていく

オオバコが、道の真ん中にはえていることを不思議に思った山田くん。

そこから、人に踏まれても丈夫だということに気づきます。

 

じゃあどれくらい丈夫なんだろう?と思って行った実験は、

漬物石を乗せ続ける!笑

どれくらい乗せ続けたかは動画みてください。1分くらいなので、すぐ見られます!

 

そして、オオバコの特徴をじっくり観察してみると、またある事に気づきました。

タネがネバネバしている!

え〜?それは知らなかった!よくオオバコで遊びましたが、タネはネバネバなんですね。

 

そこである仮説を立てます。

このネバネバが、踏まれた時、靴の裏にくっつくのではないか?くっついたら、いったいどこまでくっついているのか?

それを調べる実験もユニークです。

山田くんのこの実験の発想もとてもいいよね。

やはり子どもの思いつきには、大人には浮かばないすごいものがある!

大人は思いついたら、それ実験するには大変なんじゃない?なんて思考が働いて否定してしまう。

でも、子どもが自分から、思いついた時、頭の中はワクワクしていて、それをやってみたい!そして、やり続けることができる!

 

* ワクワクした思いがわいてくる

このワクワクにたどり着いて欲しくて、

私は今回の探究ワークショップを開いたのです。

満員御礼!探究ワークショップ開催しました - これ なぁんだ⁈

考え続けていくと、ワクワクする瞬間がある。

それは自分がその考えを見つけ出し、それを実際に形にしてみて、ある事に気がつく、その過程がとてもワクワクする!

 

ひょっとして、その結論はもう誰かが証明していることかもしれない。

でも、そこにたどり着く方法は、

子どもの考えた数だけいろいろあるはずです!それを信じて、大人はジェネレーターとして、共に面白がって見守る。

行き詰まった時には、すぐに助言するのではなく、その時子どもがどんなことを見ているのか、どこに関心があるのか

じっくり見て、そこに結びついて、先が広がるようなヒントだけを伝えると、

そこからまた、その子なりの新たな発想が出てくると思います。

 

そんな風にしてたどり着いた自分なりの答えは、きっといつまでも忘れないでしょうね。

 

山田くんはこの研究を3冊のファイルになるくらいの内容にまとめました。

賞も受賞してます。ここまで研究したことに大人も感動するものね。

でも、賞とかじゃなく、

子どもがワクワクと探究できたか!

そこが1番大事です。そうすれば結果はあとからついてくる。

 

 

* まとめ・思考の道順

山田くんの研究した時の思考の道順をたどってみましょう。

 

  1. 身近にある不思議をみつける。それはなぜ?と、思うことをみつける。
  2. それをよく観察し、それに動き・動作を与えた時、どうなるか観察(すぐできる簡単な実験)
  3. そこを深めるための、時間をかけた別の実験を行い、その性質の特徴を見つける。結果A。
  4. さらに、その不思議の特徴を見つけるために、観察し別の特徴を見つける。
  5. その特徴が、どのような効果を生むのか、仮説を立てる。
  6. その仮説を実験してみる。結果B。
  7. ひょっとしたら、さらなる特徴を見つけ出す実験が必要かも。(動画の山田くんの実験は2つ)
  8. 結果Aと結果B…から、自分なりの結論を出す。

 でも何回も書くけど、大事なのは

ワクワクしたか?ワクワクすれば、勝手にこんなことをやってみたくなる!

 

1つの疑問に対して、いくつかの実験をしていくと、自由研究も深まっていきますね。

夏休みもあと20日くらいかな?どこまでできるかわからないけど、とにかく思いついたらやってみることも大切!

そこにムリ、時間ない、とか思考を持ち込まない。そして、安易にまとめずに、自分が納得できるまで、とことんやってみる。夏休み終わってしまう〜と思っても、実験は続けて、次の夏休みに発表でもいいんじゃない?

 

自分で実験方法を思いつくことは、とてもワクワクするので、大人も一緒に考えて(でもそれを子どもに押し付けない)みるのも楽しくなりそうですよね。大人の方法に誘発されて、子どもの新たな発想が生まれることもありますから。

 

GEMSのワークで、ペーパータオルの特徴を調べる実験を自分達で考えるものがありますが、とてもワクワクしました。

ペーパータオルテスト [Paper Towel Testing] - ジャパンGEMSセンター ティーチャーズガイドショップ

 

ペーパータオルテスト [Paper Towel Testing] - ジャパンGEMSセンター ティーチャーズガイドショップjapangems.shop-pro.jp

不思議はすぐ身近なところにいっぱいある。

それが当たり前って思わないで、

なんで?どうして?どういうこと?って

疑問に思うところが、自由研究のスタートですね。

 

小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村

オルタナティブ教育(フリースクール, サポート校, ホームスクール) 人気ブログランキング IN順 - 教育ブログ村

満員御礼!探究ワークショップ開催しました

8月5日(日)
子ども達30人とジェネレーター14人、そして市川力さんとで、
探究ワークショップ「考え方を考える」が開催されました。さいたま市教育委員会の後援もいただき、定員30名を超えるお申込みがありました。

f:id:micata-artproject:20180808140342j:image

 

初めて会うジェネレーターと子ども達、子ども達も知らない同士。そんなメンバーが子ども4〜5人大人2人でグループになり、メタメタ語り合いました。

 

 

今回のお題は「不思議」。


最初はなかなか言葉が出てこなかった子も、ジェネレーターと話すうちに、どんどん出てくる思いつき。

 

この思いつきが思考の種。ジェネレーターや仲間達と一緒に面白がって話していくうちに、その種が育っていきました。

子ども達の、不思議に思うことが多種多様で、1つ1つの考えが大人の思いつきをはるかに飛び越えていて、その子その子の味も出てきたり。


聞いてるジェネレーター達も、思わぬ不思議にめちゃくちゃ楽しめました。

宇宙の不思議、虹の不思議、世界の不思議、人間の不思議、恐竜の不思議、ペコちゃんの不思議、スイカの種の不思議、オバケの不思議、シャンデリアの不思議…。

 

発表タイムもそれぞれの不思議への思いが表現され、凝縮された言葉の中に、深い世界が広がっていました。

ここから、様々な思いつきを口に出し、考える楽しさを、どんどん追究していってほしいです。

そして周りの大人は、「くだらないこと言ってないで…」は禁句〜。一緒に楽しんで、そこから発想をふくらますことを積み重ねていくことで、探究へとつながっていきます。

 

ご参加くださった子ども達、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

次は、8/22(水)東大宮で、

・創造的読書のためのパターンランゲージのカードを使った、新しい本の読み方。

・アートを使った算数

を行います。

 

詳細は

体験会*東大宮オルタナティブな学び場 - これ なぁんだ⁈

をご覧ください。

 

小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村

オルタナティブ教育(フリースクール, サポート校, ホームスクール) 人気ブログランキング IN順 - 教育ブログ村

品川にデロリアン号現る‼️

#品川オープンシアター

本日と明日、品川でオープンシアター

バックトゥーザフューチャーを無料で

観ることができるのですが!

品川オープンシアターvol.07 バック・トゥ・ザ・フューチャー(吹替版)

 

なんと!

デロリアン号まで観ることができます!

 

f:id:micata-artproject:20180804124501j:image

 

【日時】 8月4日〜5日

映画上映は4日は19時〜 のみ!

5日は映画はなく、デロリアン号を観て楽しむ!

【会場】 品川シーズンテラス

【参加費無料】0円

 

夏の思い出に、お父さんお母さんの懐かしい映画を子どもと一緒に観て、

共通の話題を作って語り明かそう!

 

ま、私が単にBTFが好きなだけなので、1人で盛り上がっているのですが…

 

小学生の子 人気ブログランキング IN順 - 子育てブログ村