これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

ものづくり算数探究塾を始めます

これまで、こども達の放課後の遊びに関わってきました。

自分がわくわくすることを伝えたい、と

この度、「ものづくり算数探究塾」を開くことになりました。

小さな小さな塾です。

でも、これはもっと大きな夢への第一歩。

小さな学校を創りたいので、そのための一歩目です。

 

夏に受講したナカムタメソッドがおもしろかった!

こんなことになるなんて、去年の今頃の私は全然予想もしなかった〜。

夏に受講した、認知心理学をもとにした算数学習。

tanq.hatenablog.com

これを6回受講していくうちに、

このおもしろさを、わくわくする学びを、

こども達に伝えたくなってきて、ついに塾を開くことになりました。

f:id:micata-artproject:20180117124436j:plain

 でも、この記事を書いた時点でも、

自分が塾を開くなんて考えもつかなかったなぁ。

体験&説明会は2月に3回

体験をしていただき、内容をご説明する会を2月に行います。

体験の内容は、月1回塾で行う、算数の概念をもとにした

ものづくりを行います。内容はどの回も同じものです。

新1年生〜5年生まで。

参加費 300円

小さな塾ですので、申し訳ありませんが、お席が限定されます旨、ご了承ください。

 

3月は授業そのものを体験

3月の体験授業は、授業の流れをそのまま体験していただきます。

70分授業を行い、

最初に、計算プリントを行い、タイムを計り金メダルを目指します。

その後、単元の解説を行い、テキストを使って学習します。

単元の説明には、ものをつかってわかりやすく解説します。

3月は、その子が希望する苦手な単元を、もう一度復習していきます。

4回の体験のうち、1回はものづくり授業になります。

体験料は1回2500円(消費税分を割り引かせていただきます)

2月の体験の際に、体験授業をお申込みいただいた方には、

実際に使う計算プリントを差し上げます。

 

よろしくご検討ください。

 

しなやかな自分軸を持ったこども達を育みたい

こども達が幸せだと感じる場を作っていきたい。

そのためには、まわりに流されない、自分軸を持つことが大事。

対話によって、相手の声を聞くことも大事。

そしてなにより、感動する心を育みたいと思っています。

そんな塾を創ってまいります。

 

今の私の出発点はここ!

学校を作りたいと思った原点は、

東京コミュニティスクールです。

その初代校長先生に来ていただき、卒業生との対談、

また、その保護者の方にもお話いただき、

探究学習のおもしろさを伝えていただく学びカフェ。

ご興味あるかたなら、どなたでもご参加いただけます。

こちらも、よろしくお願いいたします。

ものづくり算数探究塾では、このような場をこれからも

お伝えしていきたいと計画中です。

tanq.hatenablog.com

 

  

にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ 
にほんブログ村

 

探究学習型のオルタナティブスクール

テレビを観ていたら、「平成教育委員会2018」で、

三越の屋上に昔あったものは何でしょう?

というクイズが出ていました。

 

答え、わかっちゃいました!

以前三越の屋上に、

東京コミュニティスクールのこども達と一緒に行って、

お話を聞いてきた事があったからです。

「東京発見伝」というテーマ学習で、都内へフィールドワークに出かけ、こども達が三越の方に質問していくうちに、

教えていただいたレア情報でした。

東京コミュニティスクールのHPにも書いてあります。

東京コミュニティスクール-探究型学習が教育の特長-全日制オルタナティブスクール(小学校1年生~6年生)

 

さらに、こちらの写真。

f:id:micata-artproject:20180114205847p:image

さらに拡大したこの赤丸の部分。

f:id:micata-artproject:20180114205919j:image

これは滑車で、以前ここにゴンドラが渡っていたそうです。

 

昔からある百貨店では、いろいろな

びっくりするようなお話が聞けるものですね。

 

昨日の最後にも書いたのですが、

中野区にある東京コミュニティスクールは、

独自の探究型学習が行われている

オルタナティブな小学校です。

私立の学校ではなく、NPOの学校で、

1クラス9人の定員で、

授業ではこども達が、自分の考え、予測、疑問など、どんどん発言しています。入学式で、発言できなかった子も

数ヶ月経つと、プレゼンテーションの発表を1人でもできるようになります。

 

2020年からの教育改革で文科省があげている

「探究」も「対話型」も、すでに10年以上前から行っています。

テーマ学習も、ネットや本で調べて終わり、ではなく、こども達が外に出て、

そのものを観て、気になる事、感じたことからスタートし、予測を立てて、

また出かけて行って検証したり、

街の人の声を聞いたりして、最後にまとめていきます。

テーマ学習にはセントラルアイデアという、学習していくなかで、こども達に到達してもらいたい、気づいて欲しい、

社会に出た時や、生きていくうえで

大切にしたいテーマがそれぞれあります。

それに向かって、ガッツリ探究していくので、プレゼンテーションの発表は、

自分自身の言葉で、しっかりと語られています。

 

また、遊ぶ時もみんな全学年で真剣にドロケイしたり、

フェスティバルも高学年を中心に、

みんなで話し合って進めていったり、

こども達がとてもいきいきとこどもらしく過ごしています。

 

私の大好きな学校です。

こんな学校が埼玉にもあればいいのに!!

でも、以前、理事長の久保さんにお聞きしたところ、増やす予定はない!と

キッパリ言われてしまいました。

じゃあ、どうする?!

 

と、いうことで、

前校長先生の市川力さんと、

TCSの卒業生に来ていただいて、

探究学型学習って、どんなものなのか?

埼玉で話していただこう!

というのが、2月18日の

学びカフェです。

そして埼玉で探究型のスクール

作りたいです!

それが私の夢です!

TCSみたいに立派な学校ではなく、

規模は27日のおるたネットカフェで

ご紹介する、浦安小さなイエナスクールのような形から始めたいです。

 

詳しくは昨日のブログをご覧ください。

探究の達人から学ぶ - これ なぁんだ⁈

 

 

 

探究の達人から学ぶ

今日はセンター試験初日ですね。

関東はいいお天気でしたが、

雪の降っている地域などは大丈夫でしたでしょうか。受験生の皆さんには、

これまで頑張ってきたことが

実を結ぶことをお祈りします。

2020年からは教育改革が行われて、

問題が探究型になる、とも言われていますね。

 

まだ1月27日のおるたネットカフェは

募集中ですが、

2月には、探究の達人、

市川力さんをお呼びして、

学びカフェをおこないます。

 

題して、

〜未来の学びについて語ろう〜
「自ら考える学びについて」

探研移動小学校ジェネレーターの

市川力氏×その教え子と保護者の方々で、
鼎談をしていただくことになりました。

 

もう10年も前から、「探究する学び」を取り入れてきた中野区にあるオルタナティブな小学校の東京コミュニティスクール(通称TCS)。


そこに通うこども達は、とてもいきいきと学校生活を、自発的な学びを、楽しんでいます。


そのTCSの初代校長の市川力氏と、

TCSに3年生から通っていた卒業生と、

お父様・蓑田雅之氏との座談会をお願いしました。

 

探究型の学びの場は、

こども達にとってどんな場なのか?
大人にとってどんな場なのか?
どんな学びが展開されているのか?

 

御三方からTCSでの小学校時代のお話をお聴きして、

これからの学びの場について、
皆さまとお茶を飲みながら、楽しく語り合いましょう。

 

教育に関心のある方なら、どなたでもご参加いただけます。

 

日時:2018年2月18日(土)

14:00〜16:00(開場 13:30)

場所:東大宮コミュニティセンター 和室

(宇都宮線 東大宮駅西口徒歩5分)

参加費:1000円

定員:30名(託児無し、お子様連れはご相談ください)

お申込み・お問合せ
下記アドレスにメール
altnet_saitama☆outlook.com(☆→@に変えてご連絡ください。)

①お名前 ②ご連絡先 ③参加理由を簡単に、以上3点明記の上お申込みください。


【東京コミュニティスクール とは?】
中野区にある、全日制の小学校で、
従来の学校教育とは違う学習方法でまなぶ小学校です。
算数や英語や国語の他、TCSの授業といえばテーマ学習があります。人生のための学びという観点から、生きていく上で欠かせない6つの探究領域を設定し、室内だけでなくフィールドワークをしながら進めていく、教科融合型の学習です。詳しくはホームページをご覧ください。
東京コミュニティスクール – TCSは東京都中野区にある全日制マイクロ・スクール(3歳〜12歳対象)です

 

にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 

 

 

f:id:micata-artproject:20180113130839j:image

多様な学び場 ④

今日は、オランダのイエナプランを

学びに短期留学していた方の

報告会のお話を少し。

 

彼女は、オランダで生活をしていて、

とても居心地が良かったそうです。

なんでかな?と考えたところ

それは話をする時、相手がそのまま受け入れてくれる。ジャッジがない。

では、そういった社会はどんな風に作られていくのか、イエナスクールの様子もお聞きしました。

 

イエナスクールでは、サークル対話の時間が何回もある。

そしてそれは、時間を何分と決めず、

こどものリズムを読んで長くしてもいい。

対話では、最初話したい人〜と、声をかけて、何人かが話をする。

それを聞いた残りのこども達は質問をしていく。

 

日本だと、自分の意見をしっかり話せる事が大切、とされるけど、

イエナでは聴くことに重点が置かれてるよう。話すほうも、話さなきゃいけない、ではなく、聴いてくれる人がいるから、話したくなっちゃう、みたいな流れ。

 

そうだよね。話聴いてくれる人がいたら、話す雰囲気に自然となって、

そんな場がいいなぁ。

私も今年は、いつもに増して

聴く!ということを大切にする年にします。

f:id:micata-artproject:20180106195007j:image

 

 

かこさとしさんの新作

今朝、NHKおはよう日本」のニュースで

91歳になる かこさとしさんの、

新作絵本が来週発売になると紹介されていました。

 

かこさとしさんといえば・・・

だるまちゃんシリーズです。

かこさとしさん、緑内障をわずらわれているのに

一気に3作品を描き上げてしまったとのこと。

そこには、こども達への熱いメッセージが込められています。

 

宮城県を舞台にした『だるまちゃんとかまどんちゃん

福島県を舞台にした『だるまちゃんとはやたちゃん』

そして、

沖縄県を舞台にした『だるまちゃんとキジムナちゃん』です。

作品の詳細は、かこさとしさんの公式サイトをどうぞ。

 

kakosatoshi.jp

 

かこさとしさんが、絵本を描き始めたきっかけとなったのは、

戦争の体験。

ご自身も航空士官を目指していた19歳で敗戦を迎え、

大人達の態度の変わりように、あぜんとした かこさん。

でも、大人だけを責めるのではなく、

「軍人にあこがれた自分にも責任がある」と

こども達のために絵本を描き始めたそうです。

それも、仕事をしながらお休みのあいまをぬって。

すごいですね。

 

その思いは、91歳になった今でも持ち続けていらっしゃって、

今回のこの3作品も、自ら筆を握り、一気に描き上げる気力となっていくのですね。

 

これらの作品に込められた こども達への思いとは

ご自身の目を患いながらも書き綴ったこの絵本。

そこには、

「自分の考えで、世の中を判断できる力を持ってもらいたい」

「こどもが次の未来を開拓していく力がある」

との思いが込められています。

  

「今よりも より美しく

 今よりも より健やかに

 今よりも より賢く」

こども達が育っていって欲しい、とのお話をされていました。

かこさとしさんの絵本、

こども達に、いっぱい読み聞かせていきたいです。

 

自分で考えて、世の中を判断できる力をこども達へ

その思いは、私も同じです。

おるたネットでは、そう願って各地でこども達のために活動しています。

今月27日(土)におこなわれる おるたネットカフェでも、

こども達のことを考えた場作りのために

みなさんでワイワイと おしゃべりしたいと思います。

かこさとしさんの絵本も持っていこうかな。

まだまだ、参加者募集中です。

 

 

おるたネットカフェ@埼玉

 

一人ひとりに合った学びへ

こども達、一人ひとりにあった学びへ

オルタナティブな、新しい学びの場について

考えてみたいと思います。

どなたでもご参加できます。

日 時:2018年1月27日(土)
開 場:14:00〜16:00(開場13:30)
場 所:産業文化センター 和室
   (埼京線与野本町駅徒歩6分)
参加費:500円
定 員:20名(託児無し、お子様連れはご相談ください)
お申込み・お問合せ:altnet_saitama☆outlook.com   (☆→@に変更してください)

①お名前 ②ご連絡先 ③参加理由を簡単に、以上3点明記の上お申込みください。

おるたネットカフェ@埼玉 第1回 内容
・教育から学びへの根本的転換へ 
 教育機会確保法について 古山明男氏(おるたネット代表)
オルタナティブな学び場の事例

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。 

一人ひとりに合った学びへ - これ なぁんだ⁈tanq.hatenablog.com

f:id:micata-artproject:20180105150435j:image

 

  

にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ 
にほんブログ村

 

 

多様な学び場 ③

お正月三が日、

お陽さまがピカピカで

いいお天気でした。

 

こんな日は、寒くても外で思いっきり

遊びたくなる!

私が通っていた浦安小さなイエナスクールが、

よく利用していた、こんな場所がありました。

 f:id:micata-artproject:20180103171004j:image

浦安って、遊び場学び場がいっぱいある

 

通称 うらっこ広場です。

詳しくはこちらをご参考に👇 

浦安市こどもの広場-うらやす財団

 

 f:id:micata-artproject:20180103171201j:image

勝手に使っていい木材がたくさんあって、

トントン金槌で何か作ったり、

どろんこになって遊べたり、

火も使って、マシュマロ焼いたり、焼き芋したり。

自由に遊べて、プレイリーダーもいて一緒に遊んでくれたり、

とっても楽しい場所です。

市の施設で、市内在住のこどもは利用カードを書けば無料で遊べます。

 

こういった場所を利用して、

小さなイエナに通ってくるこども達は

思いっきり外遊びをしたり。

 

化学実験をしている場所に参加したり。

これは夏休みのことでしたが。

f:id:micata-artproject:20180103172705j:plain

 

ある日は、街の中に書かれている漢字を探して、

漢字について学んだり。

その学びも、漢字にとどまらず、アートな活動にも広がっていき、

こども達の五感を刺激して、深い学びになっています。

 f:id:micata-artproject:20180103171330j:image

 ピンぼけですみません。

 

そんな浦安小さなイエナスクールの様子を

1月27日のおるたカフェでもご紹介したいと思っています。

 

 

埼玉でも、多様な学びの場をつくりたい

 

先日ご紹介した週1回学校に通う小1の女の子のことや、

浦安小さなイエナスクールなど、

学びの場も多様化を求められているのではないでしょうか?

学校に行きづらいこども達のためにも、

このような場所を

埼玉でも作れたらいいな、と思っています。

1月27日、ご興味ある方、気になる方、

お茶を飲みながら、楽しく語り合いましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

一人ひとりに合った学びへ - これ なぁんだ⁈tanq.hatenablog.com



 

  

にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ 
にほんブログ村

 

 

 

冬休み、ハマってる遊び

お正月二日。

今日は新聞も年賀状もお休みです。

冬休み、ミカタンの家では、

カードゲームをやって、

こども達と盛り上がってます。

 

『ナンジャモンジャ』ってなんじゃ?

『ナンジャモンジャ』、これです。

f:id:micata-artproject:20180102153600j:image

 

12種類の、不思議なキャラが描かれたカードが全部で60枚あります。

このキャラに名前をつけて、めくった時にそのキャラの名前を言うことができた人が、開いている場のカードをもらう事ができ、持ってるカードの数が多いほうが勝ちです。

 

 

最初こども達、つまらなそう、とか言っていましたが、

やり始めると、夢中になって、

つけた名前に大笑いしたりと、

何回も繰り返して遊びました。

ウチのこども達は大きいので、

「日本史しばり」とか勝手にルールを追加して、

赤い三角のは西郷隆盛とか、

緑色のは紫式部とか、

生類憐みの令とか名前じゃないのも出てきたりして。

しかも言いにくいし。

全然イラストのイメージとはかけ離れて名付けて、

名付け親が名前を忘れたりと、そんなことでも大盛り上がりでした。

 

年齢は、4歳から大人まで楽しく遊べます。

想像力と記憶力も鍛えられますね。

私はこのゲーム、高円寺のすごろくやさんで買いました。

また、遊びに行きたいな〜。

sugorokuya.jp

 

 

 

  

にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村