これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

段ボールでピザ作り!

土曜日はバーベキューができる公園へ行き、

段ボールでピザ窯?を作り

手作りピザを焼いてみました!

 

f:id:micata-artproject:20181124210638j:image

お天気良かったので、他にも公園で

バーベキューしてる方も多かったです。

車のない私でも、

駅からバスで行ける

彩湖・道満グリーンパーク!

バス停から向かう途中

空へ続くような階段登ると

f:id:micata-artproject:20181124211431j:image

富士山が遠くに見えました〜!

 

段ボールからピザ窯へ

段ボールでピザ作りってどういうこと?

段ボールを燃やして作るの?と

思ってた子もいました。

いえいえ、なんと!

段ボールをピザ窯みたいにしちゃうのです‼️

まず、段ボールを開き、

アルミ箔を内側に貼っていきます。

のりを使って貼り付ける、というほうが

しっかりつけられますが、

今回は時短で、アルミ箔はある程度

端をとめておけば、くっついてくれました。

段ボールにつける時は、

アルミのガムテープがあり、それを使いました。

そこへ、針金を三本束ねて突き通し

焼き網をその上に乗せて

今回は一辺に2枚焼けるよう2段になってます。

下にはアルミ皿やクッキー缶などを置き

そこに炭をいれます。

こんな感じ。

f:id:micata-artproject:20181124211138j:image

 大人が窯を作ってる間に

子ども達が粉をこねてピザ生地をつくり、様々なトッピングをしてくれました。

 

f:id:micata-artproject:20181124212149j:image

こんな感じにセッティング。

そして、扉も閉じて10〜20分置くと、

チーズにも焦げ目がつきました〜。

開けるとかなりの熱気がきます。

閉じた時はかなり高温なのかな?

 

そして、このピザ窯を作る前の月には、

缶詰め一号缶🥫で作った小枝ストーブ!

それでお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり。

f:id:micata-artproject:20181124212710j:image

公園内の枝を使って火を起こします。

最初は少し煙でるけど、

燃焼が整うと煙は出ません。

他にもレンガを組んで、火を起こしたり。

燃える葉っぱのことを魔法の葉っぱと

言ってる子どももいました。

f:id:micata-artproject:20181124212056j:image

子どもの生活の中に、

土・水・火があることが理想的ですよね。

でも、炎を見ることも少ない時代です。

なので、今日も子ども達が1番楽しそうにしていたのは、

火の番をすることでした。