これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

共感コミュニケーションで小1プロブレムを乗り越えよう

おるたカフェ・学びカフェも

いよいよ3月で一区切り。

テーマは

「共感コミュニケーション」です。 

講師の佐々木郷美さんは

さといくという地域の人がつながり

育ち合う場・文化創造コミュニティ作りの活動をされています。

昨年9月には、戸田市で共感コミュニケーションの講座を行いました。

それについてはこちらのブログをご覧ください。

みんなが大切にされるまちって素敵だな - これ なぁんだ⁈ 

 

この時は、多世代間のコミュニケーションでしたが、

今回は、こどもが学校に行きたくないと思う時、という衝撃的なサブタイトルも

ついています。

f:id:micata-artproject:20180228180235j:image

 佐々木さんは、

現在小1のお子さんをお持ちなので、

4月入学後の、小1あるある問題を

このコミュニケーションで乗り切ってきたそうです。

 

どんな会話をされたのか、

再現してくださったのを聴いたこともありますが、

お子さんの、言葉に出ている部分、

態度に出ている部分のさらに奥に隠れている本当の思いを、

お子さん自身も気がついていない場合もあるのに、上手に引き出していて

モヤモヤした気持ちがスッキリしたとのことで、ステキな親子関係だなぁと

感じました。

 

その方法の一部を、

今回会場の参加者の皆さまで

体験するワークとなります。

 

子育て航海術の講座は、

3年前、さいたま市共催で行い

30分で申込みが終了したという

人気の講座でした。

その講座を企画し、

ご自身も子育て航海術ファシリテーターの資格を取り、さいたま市内の学校でも

取り入れる事ができればと考えていらっしゃいます。

 

都内や川崎市で体験したり、

京都の小学校では、学校の先生が

ファシリテーター講座を受講されたりと、

少しずつ体験する学校やこども達が増え、

その後のこども達の変化に、

とても感動してしまうのですが、

その様子はFacebookのシェアとなります。

ファミリーコンパス コミュニティイベントinfo公開グループ | Facebook

ご覧になれない方、ごめんなさい。

 

 

 

お子さんが学校に行ってる方も、

これから行く方も、

学校に行きにくいと感じている方も

行かないことを選択している方も、

子ども達の成長を見守りたいと思っている地域の大人や教育関係者の方も、

様々な場面で応用可能な視点やスキルなので、

是非体験していただきたいと思います。

 

**************

学びカフェ〜未来の学びを語ろう〜

自分に寄り添い、こどもに寄り添う

共感コミュニケーション

〜学校に行きたくないと思う時〜

体験型ワークショップ

**************

日時:3月18日(日)

14:00〜16:00(開場 13:30)

場所:下落合コミュニティセンター和室

(JR与野駅西口徒歩3分)

参加費:大人1000円 小4〜大学生 500円

定員:30名(託児無し、お子様連れはご相談ください)

お子さんのGEMSのプログラムは満席になりました。

(年中さん〜小3までのお子さんは

別室にて、GEMSのプログラム

「自分だけのコーラを作ろう(秘密のレシピ)」を行います。参加する場合は、

参加費500円となります。)

【お申込み・お問合せ】
下記アドレスにメール
altnet_saitama☆outlook.com(☆→@に変えてご連絡ください。)

①お名前 ②ご連絡先 ③参加理由を簡単に、④コーラを作ろう参加希望の有無、有の場合はお子さんのお名前、学年、以上4点明記の上お申込みください。