これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

自ら考える学びの探究

 少し時間が経ってしまいましたが、

2月18日大宮ラクーン8階の

まちラボのイベントスペースをお借りして

2月の学びカフェを開催いたしました。

 

教育を語る事は未来の社会・まちづくりにつながることなので

そんな意味からも、まちラボのスペースで、

活気あるイベントができたこと

ご参加下さった皆様に感謝いたします。

 

前半は、東京コミュニティスクールに関わった、

初代校長・市川力氏と、

卒業生の蓑田雅之氏と息子さんの

3人の座談会からスタートしました。

 

話が進むうちに、

密かに参加していた別の卒業生も

座談会に加わり

さらには、

参加者としてご来場されていた

お母様も乱入し、

かなり白熱した座談会となり

とても心に残る内容となりました。

 

後半は、市川さんによる探究ワークが行われ、

テーブルごとに考えをシェアした後

気になるワードを会場からどんどん出していき、

そこから探究がスタートしました。

 

会場の感想として

探究と言うものはもっと難しいものだと思っていた。

何かを深く追求し、結果を出すものだと思っていたが、

気になる言葉を拾い上げ

さらに調べていくとそれが探究につながっていく、家でもできそう、

と、ありました。

 

不思議なことに

市川さんが話をされていると、

自然とこども達が集まって来て

お手伝いをしてくれました。

f:id:micata-artproject:20180228173735j:image

 

 

また、蓑田親子の経験談から

「自己肯定感」が大切で、

どうしたらそれを育めるのかなどの疑問も生まれましたが、

それも子供に任せ、親は見守ることが大切、と言う話も出ました。 

 

それにしても、

卒業生のお2人の、

質問に対しての答えが

自分の言葉で語っているという感じで

印象深かったです。

高1生と中3生ですよ。

それは、小学生時代を探究を繰り返し行い、

考えを深めていくことをしていたからでしょうか?

1つの答えが出ても、本当にそれでいいのか?いろいろな角度から考える、

ということも必ずしているTCSの探究学習。

 

蓑田親子がご出演された、

ウワサの保護者会の後で、

一瞬映し出されたTCSの様子を見て、

あの小学校はどこの学校かと

NHKに問い合わせもあったそうです。

 

東京コミュニティスクール – TCSは東京都中野区にある全日制マイクロ・スクール(3歳〜12歳対象)です

 

3月は18日の日曜日に

共感コミュニケーションをテーマに

行います。

詳細は後日お知らせします。

おるたカフェ・学びカフェと続いた

未来の学びシリーズも3月で一区切りです。

ご興味あるかたは、是非3月ご参加ください。