これ なぁんだ⁈

日々の暮らしの中で見つけた自然とふしぎ

新しい学びのスタイル

今年2回目の雪、どうなるのかと

ひやひやでしたが、埼玉では

あまり積もらなくて、ほっ。

前回が凄すぎて、まだアイスバーンが残ってたから怖かったよ。

 

で、心温まるお誘いです。

前回の満員御礼のおるたネットカフェでは、

参加者の方々から、それぞれの立場の方が、誰も自分の思いを押し付けることなく、お互いの声に耳を傾けるすばらしい場になっていたと、感想をいただきました。

 

その第2弾です。

 

学びカフェ

「自ら考える学びについて」

 

日本の教育システムは、

時代のニーズを受けて大きく変わらねばならない、

大転換期にあると言われています。

 

新教育指導要領では「主体的で対話的で深い学び」がうたわれ、

学校教育でも今までの知識重視の教育から、
アクティブ・ラーニングが主流になっていくと言われています。

 

しかし、「主体的で対話的な学び」とは

「自ら考え、学ぶ」とはどういうことでしょうか?
親や教育者はどのように寄り添い、見守ればよいのでしょうか?!

 

・主体性に任せるのと放置・放任はどう違うのでしょう?

 

・子どもの主体性を引き出すにはどうしたらよいのか?

 

今回は約10年前から「探究する学び」を取り入れ、ユニークな教育を展開してきた
東京コミュニティスクール(通称TCS)に関わりのあるゲストをお呼びし、
座談会形式で皆さんとともに語り、考えたいと思います。

 

TCS初代校長の市川力氏と、
不登校を経験して3年生からTCSに通った
卒業生のタオ君(現高校生)と
お父様・蓑田雅之氏の3名です。

 

従来の学校教育とは異なる学びを選択した親子の道のりや、

新しい学びのスタイルを展開してこられた教育者のお話は、

今すぐ家庭でも活かせるヒントが満載のはずです。

 

子育て中の親の立場の方、

教育関係者(学校や塾の先生)、
地域の大人の立場の方、どなたでもご参加いただけます。

 

●日時:‪2018年2月18日(土)‬

   ‪14:00から16:00‬(開場 ‪13:30‬)

●場所:まちラボ(大宮ラクーン8階)

   さいたま市大宮区宮町1-60(JR大宮駅東口徒歩3分)

 場所が以前より変更になりました

 

●参加費:1000円

 

●定員:30名(託児無し、お子様連れはご相談ください)

 

●お申込み・お問合せ

お名前、参加の動機を添えて、こちらへの返信か、

下記アドレスにメールにてお申込みください。

altnet_saitama☆‪outlook.com‬

(☆→@に変えてご連絡ください)

 

●共催:eduコンパス埼玉(さといく)/
多様な教育を推進するためのネットワーク(通称おるたネット)

 

 

<参考情報>

※東京コミュニティスクール

http://tokyocs.org/

 

※1/27(土)Eテレ「うわさの保護者会」

~シリーズ不登校 学校に行かない学び方~

蓑田さん親子が出演されたばかりです。

ウワサの保護者会 - NHK

 f:id:micata-artproject:20180709101620j:image